人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

集団的自衛権の「解釈改憲」はなぜ間違っているのか(6)

さて、安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈を変更した結果、解決が放置されている理論的な問題がもう1つある。
前回記事の冒頭で掲げた、憲法9条の解釈の枠のうちの、
(6)武力による威嚇の永久放棄
(7)(同)武力の行使の永久放棄
である。

この2点については、「戦争の放棄」とは別個独立で放棄されていることに意義がある。
つまり、政府解釈においては戦争の放棄には当たらず、自衛権の行使に過ぎない場合であっても、武力による威嚇や武力の行使は放棄した以上、してはならないことになるからだ。
自衛隊合憲説+個別的自衛権合憲説の立場からすると、他国からの侵略に対する、個別的自衛権の行使が、これらに抵触しないことについては異論はない。あくまで「国際紛争を解決するために」禁じられているものであって、自国の存立を脅かす危機的事態についてまで、武力による威嚇や武力の行使を禁じたものではないからだ。

しかし、集団的自衛権の場合については、いかなる理論的立場に立ったとしても、重大な矛盾が生じる。


More
by foresight1974 | 2016-03-20 09:51 | 9条問題

報道ステーション「憲法9条の提案者は幣原」説は正しいか(補論)

過ちては改むるに憚ること勿れ(孔子「論語」)



More
by foresight1974 | 2016-03-19 18:17 | 9条問題

報道ステーション「憲法9条の提案者は幣原」説は正しいか(後編)

ここに政府は連合国総司令部との緊密なる連絡の下に憲法改正草案の要綱を発表する次第であります。
(幣原喜重郎 1946年3月6日憲法改正草案発表時の謹話より/出典:古関彰一「日本国憲法の誕生」岩波現代文庫)


More
by foresight1974 | 2016-03-19 17:53 | 9条問題

報道ステーション「憲法9条の提案者は幣原」説は正しいか(中編)

これは八月十五日につづく第二の敗戦であった。「押し付け」とは武力による敗戦に続く、政治理念、歴史認識の敗北であり、憲法思想の決定的敗北を意味した。(古関彰一「日本国憲法の誕生」岩波現代文庫)


More
by foresight1974 | 2016-03-12 21:47 | 9条問題

真理を決定するものは、真理それ自体であり、それは歴史を通して、すなわち人類の長い経験を通して証明せられる。(藤林益三)


by foresight1974
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る