人気ブログランキング |

週刊東洋経済「日本版ワーキングプア」レビュー

ちょっと遅くなってしまったが、2006年9月16日号の週刊東洋経済に「日本版ワーキングプア」という特集記事が掲載されたのでご紹介しておきたい。

今や120万人以上にのぼる、若年層、そして外国人の過酷な労働実態を20ページ以上にわたって明らかにしている。

仕事柄、若年層の働く実態については状況を把握していたので、それほど記事内容に驚きはなかったが、衝撃的だったのは外国人の労働実態だった。

「外国人研修生という名の奴隷」と題された記事では、研修の名目で日本に来た外国人を、不当な低賃金で働かせている実態が次々と明らかにされていく。

てっきり、甘言を弄して中国人学生を騙すブローカーの話かと思ったらそうではない。公益法人・国際研修協力機構(JITCO)が運営する制度で堂々と行われているのだ。
中にはセクシャルハラスメント、刑法では強姦罪に問われるような痛ましい事例もあった。

かつて、日本人の海外旅行者が1,000万人に達しようとしたころ、海外で日本人・アジア人に対する差別を通じて、ナショナリズムや日本人というアイデンティティを自覚した人が増えているという話を聞いたことがある。

今後、外国人が日本に学びの場を求めて来日する例は増え続けるだろう。そして、そうした人々はほぼ確実に、こうした差別的待遇の「労働」を体験するのだ。
かつて日本人が目覚め、今の安倍政権につながる右傾化が起きたように、日本に来た外国人たちがやはり母国に「ナショナリズム」を持ち帰ることになるのだろうか。
日本で将来、911が起きないとは、誰にも保障できまい。
by foresight1974 | 2006-10-15 10:18 | 働く人々の「権利」を考える

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974