「リベンジ転職」なんてしなくていい

 近頃の景気回復?のおかげで「リベンジ転職」なるものが流行っているそうです。
 要するに、就職活動のときに思い通りの会社や仕事に就けなかった人が早期に退職して、今の流れの中で「自分らしいキャリア」なるものを見つけていこうというわけです。
 まやかしですね。

 なぜなら、そうした「リベンジ転職」なるものを煽っている会社が、かつて僕らが転職活動をしてきたときにどういう「仕事」をしてきたか知っているからです。



 人材紹介会社の儲けのカラクリは決まっています。
 まずネットなどで登録者をばああああっっと集めて、その中から「高く売れる人材」だけに転職先を紹介する。ほとんどの登録者?シカトですね。

 こうした人材紹介会社はそもそも発想を間違っている。
 そもそも、転職者というのは「新しいキャリア」を築くために転職するのであって、今までのキャリアを切り売りするためではない。だが、多くの人材紹介会社は相談者の今までのキャリアの延長線上でしか会社を紹介しない。未経験の職種を紹介するのはだいたい、2ちゃん語でいうところの「ドキュン」会社ですね。
 売れる人材だけ売るという発想はあまりに安直ですね。売れる人材は手を抜いても自然に売れるので、人材紹介会社など究極的には無用なのです。仲立ちしてポッポしているだけです。それが一番利益が出るからです。

 そういう会社が、今になって「リベンジ転職」などと打ち出した。なぜか。
 これがまたよく売れるからです。
 最近、新卒採用市場はほぼ完全に売り手市場です。ですが、その中では企業が欲しがる人材はごく一部。ほとんどの会社は、ただの数合わせで質の低い学生を採用するか、採用予定数を大幅に割り込む結果となっています。
 そこで!!そうした企業に新卒派遣などで仕立てた「リベンジ転職者」を売り込むというわけです。たいしたキャリアカウンセリングは必要ないし、登録者維持のムダがかからない。(なにしろよく売れますから)

 僕も転職を何回かしているので、転職に夢を見る気持ちは分かります。
 しかし、そこで見て欲しいものは、今勤めている会社の「人事屋」さんのキャラです。
 どこでも同じであります。笑

 もちろん、素晴らしい採用システムを持っていたり、本当の意味で熱意のある会社もあります。
 大事なことは、転職はリベンジの場ではないということ。キャリアプランは直線的にもましてや「戦略的」にも築けるものではないということ。むしろ、「今」をきちんと選べる人が逆説的ですが、将来をきちんと選べるようになります。
by foresight1974 | 2005-10-25 21:53 | 働く人々の「幸せ」を考える

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974