タグ:ビジネス法務 ( 22 ) タグの人気記事

「稲山さんの海は、巨艦が行く大海原ですけれど、海といえば湘南の海しか浮かばない人たちもいるんですよ。」(喜文康隆「さらば渋沢資本主義」フォーサイト2000年7月号 ※小倉昌男の言葉より)


More
[PR]
by foresight1974 | 2015-05-24 11:31 | 企業統治の公共精神
以上を踏まえて、自身の見解を若干記しておきたい。


More
[PR]
by foresight1974 | 2014-11-15 18:30 | ビジネス法務
「企業経営の立場から言うと、やりにくい時代になった、ということです。裁判所が対価の額を決めているわけですが、問題が額の多寡よりも予見性がないことです。しかも、かなり後になってから対価が決まる。これでは、知財の開発や活用が難しくなります。」
「使用者にしてみれば、一つの成功の陰には多くの失敗があり、成功の利益で失敗の損失を補わなければ再投資できません。しかし、裁判所では、成功したものだけをピックアップして、その利益から職務発明の対価を決めています。」
「一つの事業を成功させるまでには、発明者以外にも大勢の人間がかかわっており、しかも現実には、その知的創造活動の貢献が極めて大きいのです。ところが、裁判官の中に、設備費や研究費、広告宣伝費など金銭の面だけを見ているとしか思えない方がいらっしゃる。中には事業化に必要な改良発明の効果を「ゼロ」とされる方、事業化までの貢献を見ない方までいる。これは大問題です。企業活動の実態を全くご存知ないとしか思えない。」
(丸島儀一「企業活動の現場、特許ビジネスの実務に即した制度を」法律文化2004年7月号)


More
[PR]
by foresight1974 | 2014-11-15 17:24 | ビジネス法務
あれほど耳目を集めた青色LED訴訟だが、決着の翌年となる2006年に奇妙な展開を見せる。
404特許を確保したはずの日亜化学が特許を放棄したのである。
そもそも放棄する特許ならば、わざわざ中村に対価を払ってまで特許訴訟を繰り広げる必要はなかったはずである。が、なぜ日亜化学はその特許の確保にこだわったのだろうか?
という疑問に、やはり日経ものづくり2006年5月号の中で近岡の取材に対し、日亜化学が驚きの事実を明らかにしている。

「中村氏は裁判戦略の一環として,米Cree Lighting社と契約を交わしていた。同社は日亜化学工業の競合メーカーである米Cree社の子会社である。内容は大まかに言うと,中村氏が日亜化学工業の複数の特許について東京地裁へ提訴し,その帰属(持ち分)が中村氏に移った特許についてはCree社側に実施権を与えるというものである(この内容については一般でも閲覧可能な裁判資料で筆者が確認した)。」
近岡裕「日亜化学,「404特許」放棄の深層」より


More
[PR]
by foresight1974 | 2014-10-25 12:22 | ビジネス法務
 実は、ここまでの事実関係の整理は、「日経ものづくり」2004年6月号、2005年2月号に掲載された近岡裕の記事に拠っている。中村とは正反対の立場からの、いささか一方的な意見のように読まれる読者もおられるかと思うが、私は、彼の記事は、真相に近いと考えている。
 根拠は2つある。
1つは、後でご紹介するように、同志社大学教授・山口栄一が自身の論文の中で、上記に近い事実関係を独自の調査で明らかにしていること。
 もう1つは、中村修二と当時の担当弁護士升永英俊の訴訟戦術である。



More
[PR]
by foresight1974 | 2014-10-18 12:44 | ビジネス法務
あの記事を書いたもう一つの理由は,これまで知られていなかった貢献者たち(断っておくが,私は中村氏の貢献を否定しているわけでない)に光を当てなければならないと感じたからだ。学会論文や公証人役場に提出された研究記録などの客観的な資料を見る限り,貢献者は日亜化学工業社内だけでなく,社外にもいる。彼らもまた「日経ものづくり」の読者と同じく技術者や研究者であり,知恵を絞り,手を動かし,悩み,戦い抜いて成果を挙げ,青色LEDの発明や製品化に貢献してきたのだ。彼らの成果や貢献は正当にたたえられるべきである。このままでは,青色LEDの開発の歴史から名前が消え,彼らの貢献が消えてしまう危険がある(実際,彼らの名前はおよそ10年間,メディアから消えていた)。それを傍観することは,記者として卑怯なことだと思ったし,私には絶対にできないことだった。
(近岡裕「青色LED訴訟の波紋(4)職務発明訴訟が技術者の「夢」か---検証能力を喪失したメディア(下)」日経ものづくりブログ2005年3月14日)



More
[PR]
by foresight1974 | 2014-10-18 11:33 | ビジネス法務
もし国際的等質化を使命とするなら、経済的自由主義が目指すべきことは、何よりも技術を出来るだけ速やかに世界に普及させることに他ならない。特許制度を廃止するという発想はがそこから生まれてくる。
(村上泰亮「反古典の政治経済学」中央公論新社)
※キ文康隆「経済報道解読ノート」フォーサイト2001年9月号・新潮社からの重引用
※「キ」は、漢字「七」を漢字の「森」状に配した字。



More
[PR]
by foresight1974 | 2014-10-12 19:28 | ビジネス法務
 今回取り上げる用語は、ドラマ最終回で使われた「EBO(Employee Buy-out)」だ。
 正確な解説は、NHKドラマ「ハゲタカ」HPをご参照いただきたい。日本でもこうした買収は広まってきているが、純粋なEBOではない。
 経営陣による企業買収であるMBO(Management Buy-Out)と、従業員へのストック・オプションを組み合わせたMBEOとよばれる形態がほとんどだ。

 ここでは、EBO(MBEO)が破綻企業の従業員を救済する「救世主」になりうるか?について考えていたい。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-25 16:43 | 企業統治の公共精神
※2月に放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送に合わせて再編集しました。

 ここでは、第5回までの放送で語られていないこと、描かれていないことを中心に話してみたい。
 ドラマでは、ハイパークリエーションの西野が、大空電機を巡る買収合戦にホワイト・ナイトとして現れ、ホライズンの鷲津との戦いで勝利まであと一歩に迫りながら、東京地検特捜部にインサイダー取引で潰されていく経緯が描かれている。
 ドラマをご覧になった方のほとんどは、ライブドア事件と二重写しになったであろうが、いずれの事件も、インサイダー取引の「首謀者」が逮捕されただけで、その周辺に群がった魑魅魍魎が一網打尽にされたわけではないことは、共通している。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-24 21:18 | 書評・鑑賞
※2月に放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送に合わせて再編集しました。

 第4回からは、総合電機メーカー・大空電機の再生を巡る攻防に移る。
 さて、2月~3月に「ハゲタカ」全6回の放送を見終わった後、大空電機は何がモデルだったのだろうか。と、思いをめぐらせていた。
 しかし、特にこれ、といった企業を特定できない。
 それは、どの企業にも当てはまることがない、という意味ではない。むしろ逆に、いろいろな企業に思い当たり、どの企業だかさっぱり分からない、という感じだ。
 それだけ、大空電機という企業は、極めて日本的で、「本音と建前」が都合よく使い分けられ、それゆえに自らの力で再生することができなかった、バブル後にありふれた日本企業の一つといえた。
 例えば、大空電機会長・大木昇三郎の「企業は人なり」という言葉である。第4回は、この言葉の両側面を見事に描き出している。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-22 23:26 | 書評・鑑賞

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974