タグ:ハゲタカ ( 6 ) タグの人気記事

 今回取り上げる用語は、ドラマ最終回で使われた「EBO(Employee Buy-out)」だ。
 正確な解説は、NHKドラマ「ハゲタカ」HPをご参照いただきたい。日本でもこうした買収は広まってきているが、純粋なEBOではない。
 経営陣による企業買収であるMBO(Management Buy-Out)と、従業員へのストック・オプションを組み合わせたMBEOとよばれる形態がほとんどだ。

 ここでは、EBO(MBEO)が破綻企業の従業員を救済する「救世主」になりうるか?について考えていたい。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-25 16:43 | 企業統治の公共精神
※2月に放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送に合わせて再編集しました。

 ここでは、第5回までの放送で語られていないこと、描かれていないことを中心に話してみたい。
 ドラマでは、ハイパークリエーションの西野が、大空電機を巡る買収合戦にホワイト・ナイトとして現れ、ホライズンの鷲津との戦いで勝利まであと一歩に迫りながら、東京地検特捜部にインサイダー取引で潰されていく経緯が描かれている。
 ドラマをご覧になった方のほとんどは、ライブドア事件と二重写しになったであろうが、いずれの事件も、インサイダー取引の「首謀者」が逮捕されただけで、その周辺に群がった魑魅魍魎が一網打尽にされたわけではないことは、共通している。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-24 21:18 | 書評・鑑賞
※2月に放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送に合わせて再編集しました。

 第4回からは、総合電機メーカー・大空電機の再生を巡る攻防に移る。
 さて、2月~3月に「ハゲタカ」全6回の放送を見終わった後、大空電機は何がモデルだったのだろうか。と、思いをめぐらせていた。
 しかし、特にこれ、といった企業を特定できない。
 それは、どの企業にも当てはまることがない、という意味ではない。むしろ逆に、いろいろな企業に思い当たり、どの企業だかさっぱり分からない、という感じだ。
 それだけ、大空電機という企業は、極めて日本的で、「本音と建前」が都合よく使い分けられ、それゆえに自らの力で再生することができなかった、バブル後にありふれた日本企業の一つといえた。
 例えば、大空電機会長・大木昇三郎の「企業は人なり」という言葉である。第4回は、この言葉の両側面を見事に描き出している。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-22 23:26 | 書評・鑑賞
※2月に放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送に合わせて再編集しました。

 今回取り上げる用語は、「民事再生法」だ。
 やや込み入っているので、このドラマに沿って法律を解説する。
 
 経営が傾いていたサンデートイズ社では、取締役会において、代表取締役・社長の大河内瑞恵(冨士眞奈美)が解任され(ただし、商法上の規定により取締役として残っている)、息子の大河内伸彰(小林正寛)が社長に就任した。
 ここで、伸彰ら新経営陣は、民事再生法の適用を裁判所に申請する。2000年4月に施行された同法は、従来、法的手続きの主役であった会社更生法と異なり、現経営陣が退陣することなく、経営再建を図ることが可能な法律である。
 現経営陣が退陣しない、というのは無責任に見えるかもしれないが、補論(1)で触れたように、経営が行き詰った経営者にはさまざまなしがらみや責任がのしかかっている。もし、この法律がなければ、経営者はそれこそ「破滅」に至るまで、経営を投げ出さずに暴走を続けることになりかねない。そこで、まずは現実的な処方策で、彼らの身分を保障し、かつ法的公正さを担保した形での再建アプローチが必要とされるのである。
 また、裁判所の監督の下、公正な形で進められることになる。このとき選任されるのが監督委員で、今回、鷲津や芝野が紙片を持って、金額を提示された人たちである。通常、企業再生を専門とする弁護士が選任されることが多い。彼らは、会社のスポンサーとなる者に、会社の営業に必要な財産を譲渡する権限を持っている(民事再生法56条により、裁判所が職権で権限を付与している)。
 NHKのHPにも解説があるとおり、多くの場合、プレパッケージと呼ばれる方式により事前にスポンサーが選定されるが、ドラマのように入札による譲渡も行われる。前者の例で再建が行われた例はJリーグ・ヴィッセル神戸事件で、後者の例は、マイカル事件が有名である。
 しかし、惜しまれるのはこうした法律が使えるようになったのは2000年(平成12年)からなのである。(小規模個人再生については2001年)

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-22 22:44 | 書評・鑑賞
※2月に放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送に合わせて再編集しました。

 今回取り上げるのは、「ゴールデン・パラシュート」という用語だ。
 もともとは、敵対的買収の主要な防衛策の一つで、敵対的買収の対象とされた企業の経営陣が退陣する代わりに巨額の退職金を受け取る条項をさす。NHKドラマ「ハゲタカ」公式サイトに非常に正確な解説があるので、詳細はそちらをご参照いただきたいが、ここでは経済的合理性とは異なる、別の側面からこの言葉を論じてみたい。
 それは、第1回の西乃屋旅館との対比で明らかになる、「法の下の巨大な不平等」だ。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-20 23:12 | 書評・鑑賞
※2月に放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送に合わせて再編集しました。

 今日取り上げるのはNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」で、悲劇的な最期を遂げた西乃屋旅館経営者・西野昭平だ。
 苦悩する旅館経営者を壮絶に演じきった人物が、宇崎竜堂だと気がつかなかった人も多いのではないだろうか?音楽通の妻も、言われて初めて気がついてびっくりのけぞっていたのには痛快であった。
 ところで、不良債権として売り飛ばされ、何もかもを奪われてしまった西野は、なぜ最期まで「プライド」を捨てられなかったのだろうか?
 その答えは、不動産担保を中心とした貸し出しシステムと、連帯保証人制度である。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-19 23:15 | 書評・鑑賞

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974