タグ:ネット言論 ( 10 ) タグの人気記事

以下の会話は、当時社会的に大きな衝撃を与えた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」において、「週刊文春」が加害者の少年の氏名を実名で報道したことを題材にしたものである。
主人公の桑田義雄は、同事件と同様の強姦殺人事件において、加害者の少年たちを検察庁に逆送致していた。そこに、実名報道に踏み切った「週刊文潮」記者・久里が接触してくる。
逆送致に踏み切った判事なら好意的なコメントがもらえるはず。。。という久里の甘い読みは外れ、桑田から思わぬ反駁を受けることになる。

桑田義雄:
「何のために、誰のために…………実名報道をするんでしょうか?」

久里:
「そ、そりゃあ……被害者のことを考えると……、それに社会的意義も…」

桑田:
「実名報道をしたって、被害者は救われないでしょう…………
加害者の側は本人だけでなく、その家族も罪人のように眺められる……」

久里:
「でもあの場合、少年の親にも責任はあるでしょう」

桑田:
「だからと言って、親や兄弟、親戚が社会的に抹殺されていいんですか。
つながりのある誰かが罪を犯せば、
そういう人達も苦しみを受けて仕方ないのでしょうか。」

久里:
「しかし……
小さな子供たちのやったことではない。
分別あって当然の人間が、やったことなんですよ。」

(ここでテレビ画面に切り替わる)

テレビに出演していた「週刊文潮」編集長:
「加害者の人権が大事だと、被害者の親御さんの前で言えるのでしょうか。
それに……婦女暴行ができる人間は、少年と呼べないんじゃないでしょうか。
だから我々は彼らを大人として扱い、実名報道に踏み切りました……」

(ここで再び花壇の前の2人に)

桑田:
「私は大人の場合だって、実名報道は間違いだと思います。
彼らはまだ被疑者ですよ。」

久里:
「そ……それじゃ世論は許しませんよ。」

桑田:
「もし冤罪と分かったら、マスコミはどうします?
あわてて警察や検察庁を批判しても、取り返しがつかないんですよ……」

久里:
「………………」

(再びテレビ画面)

編集長:
「私は、理想を追っているわけではありません。
実名報道で、似たような予備軍を阻止できるかもしれない。
たとえジャーナリズムにその資格はなくても、
現実的な効果があると思います。」

インタビュアー:
「法が手ぬるいからマスコミがやるわけですね?」

編集長:
「………そう言っていいと思います。」

(また花壇の前の2人に戻る)

久里:
「あいつら、随分むごいこと、をやったんですよ。だから……」

桑田:
「だから?」

久里:
「つ……つまり……」

桑田:
「マスコミが天罰を下すんですか?」

久里:
「……………」

(マンガ「家栽の人」第3巻「ユリ」より 毛利甚八・魚戸おさむ/小学館)

More
[PR]
by foresight1974 | 2012-07-29 23:56 | サイレント政治・社会評論
 言論による侵害に対しては,言論で対抗するというのが表現の自由(憲法21条1項)の基本原理であるから,被害者が,加害者に対し,十分な反論を行い,それが功を奏した場合は,被害者の社会的評価は低下していないと評価することが可能であるから,このような場合にも,一部の表現を殊更取り出して表現者に対し不法行為責任を認めることは,表現の自由を萎縮させるおそれがあり,相当とはいえない。
(ニフティ「本と雑誌のフォーラム」事件・東京地裁判決平成13年8月27日)

 自らの意思で社会に向かって発言する者は,当然,自己の発言・主張が反対の立場の者から批判され,反論されることを覚悟しなければならない。名誉毀損となる人格攻撃がされたとしても,批判や反論は,論争点に関連している限り,許容される。節度を越えたかどうかは,論争の聴衆によって判断され,論争の場に自ら身を置いた以上,批判には対抗言論で答えるべきであり,公権力を借りて批判を封じるようなことは,よほどのことがない限り許されない。
(ニフティサーブ「現代思想」フォーラム事件・東京高裁平成13年9月5日)


More
[PR]
by foresight1974 | 2009-01-18 23:03 | 表現の自由への長い道距
 昨日、久しぶりにヤフーチャットに参加し、懐かしい常連の皆さんとチャットしながら、NHK「日本の、これから」を見てました。
 この番組、第1回放送はあまりのグダグダぶりに、長くシリーズ化されることはあるまいと踏んでいたのですが。三宅さん、仕切りがかなり手馴れてきましたね。テーマによっては非常に見応えのあるものになっていて、最近の放送は必ずチェックしています。

 昨日は、市民参加型討論番組の最大のタブー・憲法9条についに切り込みました。
 そして、結果は第1回に逆戻りしたような散々なものに。。。

 番組を見ながら、チャットの常連たちと語らいました。

「いやー、改憲派はとんだDQNばっかりだな。」
「つーか、夢を見てばっかりじゃね?」
「しょーがないよ、みんな夢があるんだもの。。。」
「確かにねぇ。。。」

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-08-16 22:37 | サイレント政治・社会評論
だから言わんこっちゃないのである。
こうなると思っていたよ。。。

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-12-02 13:43 | ブロガーたちの人生

mixi参加半年間の感想

 しばらくブログを書いていなかったので、リハビリということで。

 感想は正直、「う~ん」というところだ。
 保守思想に関しては期待のキの字もしていなかったが、リベラルに関してもなかなか収穫が見つからない。模索は未だ続いている。
 自分でコミュニティを立ち上げようかと思ったこともあった。だが、無精者の管理の行く末を案じて、踏み出していない。

 ヒマつぶしにお子様ウヨクをけなしても、あまり意味のあることではない。普段のしがない生活のストレス解消以上の意味はない。

 いろいろ考えてはいる。が、結局のところ、mixiは自分の手に余る。
 自分の勉強や研究生活、社会貢献活動、職場で働くこと。それらの全てがmixiなんかよりずっと大事で、mixiが人生のプライオリティとして高まるわけがない。

 政治系のコミュニティに入り浸っているお子様ウヨクを見ながら思う。人生終わっているな、て。そして、何度生まれ変わったとしてもああはなりたくないと思う。
 保守でもリベラルでもお子様ウヨクでも何でもそうなのだが、mixiのコミュニティで議論をしたところで、結局のところ「共感」を生み出すだけなのだ。行動はおろか、世間の荒波の中で結果すら残すことはない。

 せっかくのSNSなんだから、世間としっかりつながるような動きを生み出したかったが、、、入り方を間違えたかな。苦笑
[PR]
by foresight1974 | 2006-08-12 23:50 | ブロガーたちの人生
 日本最大級のSNSのmixiに参加して1週間になる。
 存在は知っていたが、実のところあまり関心もなく、気乗りもしていなかた。しかし、Yahoo Chatで知り合った同志「wakadannna」氏の執拗な誘いに、「しぶしぶと」参加した次第です。
 ええ、こんな私にも「同志のつきあい」というものがあります。

 1週間やってみて、正直かなりがっかりしている。

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-02-25 20:27 | ブロガーたちの人生
 ネット上のウヨクたちが喜び、飛び跳ねている。
 この数ヶ月、韓国国内の大騒動となったES細胞研究論文の捏造問題。当初、告発に踏み切ったテレビ局は、世論や政府からの総攻撃にさらされたが、真実が明らかになるにつれ、冷静な検証報道が増えてきている。
 それでも、依然として後遺症は深い。告発したテレビ番組に寄せられる反響の4割は依然として、捏造した教授を支持する意見だという。

 表現の自由について考えるところの多いこの事件。
 日本にも2年前に同様に、世論や政府からの激しい攻撃にさらされた人々がいたことを、ウヨクの方々はよもやお忘れではなかろうか?
 イラク人質事件は、たまたま「共産党員の息子」がその中に含まれた、その一事をもって「捏造」「自作自演」との攻撃を受け、政治家の口からも同様の発言が聞かれる始末となった。

 韓国と日本、いずれも高度なインターネットが発達していることと、近年急速に歪んだナショナリズムや偏狭な愛国心が蔓延るようになったことで共通している。
 そして唯一、結末に異なる点がある。韓国の場合は、そうした行き過ぎた思想風潮に修正が図られ、社会の成熟化を促す可能性があることに対し、日本の場合は、むしろこうした風潮が加速する状況を象徴する事件となったことである。
 その証拠にネットに溢れる「韓国ざまあみろ」の声、声、声。
 彼らのような罵詈雑言も、一応は憲法上の表現の自由の保障範囲内ではある。しかし、「公」やら「行き過ぎた個人主義の修正」やらの言葉が、同じ口から出てくるのであるから滑稽このうえない。

 彼らは気付くべきであろう。
 隣国を笑い者にしても、自分は幸せにはなれないということを。
[PR]
by foresight1974 | 2006-01-14 17:29 | 表現の自由への長い道距

二つの素敵なニュース

 今日は二つの素敵なニュースをご紹介したい。

 まず、昨日閉幕した愛・地球博で「皆勤賞」を達成した女性の話。会期前に全期間入場券を購入していたというからすごい気合の入れようだが、記録を最初から狙っていたのではない。まずは、全館入場を果たしてから目標が大きくなったようだ。

 もう一つ、おとといになるが、深田久弥が選んだ日本百名山を全て登頂した小学6年生の女の子の話。5歳のから登り始めて最後はマニアックに黒部五郎岳。。。
 ふつー、こういうこと親とやると子供は嫌になるものだけどね。。。「今度は二百名山をやりたい」とのこと。元気な子である。(笑)

More
[PR]
by foresight1974 | 2005-09-26 01:07 | ブロガーたちの人生
マイクロソフトのポータルサイト「MSN」は3月10日、チャットサービス「MSNチャット」を5月9日で終了すると発表した。

(2005年3月10日 ITmediaニュースより)


More
[PR]
by foresight1974 | 2005-03-12 16:56 | ブロガーたちの人生
 本当は色々な問題について頭を巡らせており、書きたいことも山とあるのだが、何せ頭が疲れている。
 こういう時は書いてもロクなことがないので、気持ちを赴くままに書いてみたい。

 ネット歴6年(その多くをチャットに費やしている)。またHPも紆余曲折を経ながら4年続けている。その間にいろいろなサイトを渡り歩いたが、多くの掲示板、チャットなどが残念なことに縮小、閉鎖したのを目の当たりにしていた。
 何かの調査で目にしたのだが、新規に立ち上がったHPの7割以上は1年後にはほとんど更新されなくなるという。原因の多くは、初心者に対してHPの参加方法が低すぎることにある思われる。

More
[PR]
by foresight1974 | 2004-12-06 00:14 | ブロガーたちの人生

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974