<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

以上を踏まえて、自身の見解を若干記しておきたい。


More
[PR]
by foresight1974 | 2014-11-15 18:30 | ビジネス法務
「企業経営の立場から言うと、やりにくい時代になった、ということです。裁判所が対価の額を決めているわけですが、問題が額の多寡よりも予見性がないことです。しかも、かなり後になってから対価が決まる。これでは、知財の開発や活用が難しくなります。」
「使用者にしてみれば、一つの成功の陰には多くの失敗があり、成功の利益で失敗の損失を補わなければ再投資できません。しかし、裁判所では、成功したものだけをピックアップして、その利益から職務発明の対価を決めています。」
「一つの事業を成功させるまでには、発明者以外にも大勢の人間がかかわっており、しかも現実には、その知的創造活動の貢献が極めて大きいのです。ところが、裁判官の中に、設備費や研究費、広告宣伝費など金銭の面だけを見ているとしか思えない方がいらっしゃる。中には事業化に必要な改良発明の効果を「ゼロ」とされる方、事業化までの貢献を見ない方までいる。これは大問題です。企業活動の実態を全くご存知ないとしか思えない。」
(丸島儀一「企業活動の現場、特許ビジネスの実務に即した制度を」法律文化2004年7月号)


More
[PR]
by foresight1974 | 2014-11-15 17:24 | ビジネス法務
--次期衆院選で勝利し、自身が政権を担当したらどうする「真っ先に、尖閣周辺での海上保安庁の体制強化に着手する。人員や装備、予算などを増やし、中国に対して『尖閣諸島を断固として守る』『われわれは一歩も引かない』という国家意志を示す。日本全体でも、海上保安庁や自衛隊の体制強化に当たる。尖閣諸島の実効支配を強めるため、公務員が常駐する施設設置なども検討する。領海侵犯した外国公船を強制排除するための法整備などにも取り組む」
(2012年12月10日/安倍晋三/夕刊フジへのインタビューに答えて)


More
[PR]
by foresight1974 | 2014-11-09 17:47 | サイレント政治・社会評論
「このままでは2%程度といえなくなる」。決定会合2日前にまとめた展望リポートの原案で、消費者物価指数(除く生鮮食品)の前年比上昇率の見通しは消費増税の影響を除き、1%台半ばどまり。黒田総裁ら執行部に激震が走った。
(日本経済新聞2014年11月2日朝刊)


More
[PR]
by foresight1974 | 2014-11-03 15:35 | サイレント政治・社会評論

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974