<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「民主主義に関する一つの概念は、一般の人びとが自分たちの問題を自分たちで考え、その決定にそれなりの影響をおよぼせる手段をもっていて、情報へのアクセスが開かれている環境にある社会ということである。民主主義という言葉を辞書で引いてみれば、おそらくそのような定義が書かれているはずだ。
 そして民主主義のもう一つの概念は、一般の人びとを彼ら自身の問題に決してかかわらせてはならず、情報へのアクセスは一部の人間のあいだだけで厳重に管理しておかなければならないとするものだ。
 そんな民主主義社会の概念があるかと思われるかもしれないが、実のところ、優勢なのはこちらのほうだと理解しておくべきだろう。」
(ノーム・チョムスキー「メディア・コントロール」鈴木 主税訳/集英社新書)


More
[PR]
by foresight1974 | 2006-06-30 23:36 | 表現の自由への長い道距
「損害賠償、刑事訴訟で請求可能に・法務省方針」(日本経済新聞電子版6月25日)

 法務省は犯罪者を裁く刑事訴訟の法廷で被害者が被った損害の賠償に関する審理を同時に進め、有罪の場合は同じ裁判官が賠償命令も出す「付帯私訴」制度を導入する方針だ。刑事訴訟と別に被害者が損害賠償を求める民事訴訟を起こさなくてはならない現行制度に比べ、迅速に結論が出るため、被害者救済に役立つと判断した。


 附帯私訴
 刑事訴訟の際に損害賠償に関する審理も同時にする制度。欧州で広く採用されており、ドイツの刑事訴訟法では検察のような公権力でなく、私人が訴追権を持つ犯罪として名誉毀損、傷害、器物損壊などを列挙しており、これらの場合はいずれも損害賠償を同時に提起できる。日本でも旧刑訴法に同様の規定があったが、訴訟が複雑になりすぎるとして戦後の法改正で廃止した。(日本経済新聞6月25日朝刊「きょうのことば」より)


More
[PR]
by foresight1974 | 2006-06-25 20:21 | 正義の手続を考える

川淵三郎、腹を切れ。

昨日は、突然の事態の急変にびっくりし、眠れぬまま一夜を明かしたが、だんだん腹が立ってきたので言うべきことを言おうと思う。

「<サッカー日本代表>新監督人事、思わず明かす…川淵会長」

経営者・組織人としては失格であろう。
本当に失言だとしたら、余りに軽率すぎるし、セコイ算段が働いていたとしたら人間としての良識を疑う発言だ。イビツァ・オシムを愚弄するとは大した度胸だと言っておこう。

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-06-25 10:28 | サイレント政治・社会評論

簡単に「惨敗」と書くな

 友人とジーコ監督の言うところの「自由」について語り合ったとき、彼が面白いことを言った。
 「まー、サッカーを自由にやれって言われてディフェンスにこんなに人が残る国は日本だけだよ。」
 ジーコが目指した「自由」の重みについて、これほど的確に指摘した言葉はないと思う。

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-06-24 23:06 | サイレント政治・社会評論
 ホームレスの仕事作りを支援する雑誌「THE BIG ISSUE日本版」は、第50号記念号において、ゲスト編集長に慶應義塾大学教員の小熊英二を迎え、「今、日本という社会で生きること」という特集を組んだ。ステレオタイプな社会評論に流されず、多様な価値観を問い直してきた小熊らしい企画だ。
 冒頭の小熊のインタビューも面白いが、小熊と問題意識を共有している7人のゲストも多彩だ。雨宮処凛のような社会的にはレアな存在もいるが、後藤和智や中島岳史など、小熊の「次」に続く論客達のインタビューは読み応えがある。
 彼らを思想的に「リベラル」といった括り方をすることは、本人達にかなりの違和感があるだろう。だが、この国の民主主義や言論空間が衰退の危機に瀕している中、彼らのような多様な価値観の「守り手」の存在は、これから貴重な存在になっていくのではないだろうか。
[PR]
by foresight1974 | 2006-06-18 18:09 | 書評・鑑賞
唖然とした一日であった。
通常、検察捜査において任意の事情聴取は朝から行われる。また、逮捕も早朝に行われる場合が多い。
記者会見など開いてのうのうと「弁明」する時間は、ほとんどの被疑者にはない。
検事調書へのサインまで済ませた男が、昼間に東証に姿を現し、記者会見で熱弁を振るっている姿は、司法実務の常識からすれば、異様そのものである。

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-06-05 21:56 | 正義の手続を考える
 個人的には半信半疑だった疑惑が急展開を帯びてきた。
 もともと、こうした「疑惑ネタ」の予想的中率は悪い。今回も、強制捜査までいかないんじゃないかと思っていたのだが。。。

 それにしても、疑問がつきまとう。
 今回の疑惑で、誰が村上を裏切ったのか?

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-06-05 01:29 | 正義の手続を考える

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974