<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 さて、前回のブログの続きをお話していきたい。
 本件訴訟において、東京高等裁判所は6億円という和解案を示したといわれている。第1審の東京地方裁判所は200億円という破格の判断を示したインパクトがあってか、この額は低すぎるという考えの方が多いようだ。
 だが、問題は金額の多寡ではない。中村氏から「腐り切っている」とまで罵倒されたあの言葉は正しかったのか。

More
[PR]
by foresight1974 | 2005-02-26 21:48 | ビジネス法務
 先月和解となった青色LED訴訟につき、考えをまとめたので書き記しておきたい。

 ご存知ない方もいると思うので、一応事実関係をお話すると、青色発光ダイオード(LED)の発明対価をめぐり、中村修二カリフォルニア大学教授とかつて勤務していた日亜化学との間で訴訟が起きていたもので、先月11日に8億4千万円の和解金を日亜化学が中村氏に支払うという形で和解が成立した。同種訴訟としては金額は過去最高額となったが、中村氏が求めていた1、発明品の特許権の帰属と2、発明対価201億円(1審の東京地裁は600億円と認定している)のいずれも認められなかったため、和解内容としては中村氏の全面敗北に近い結果となった。

More
[PR]
by foresight1974 | 2005-02-13 13:42 | ビジネス法務
 さて、NHKの番組改変問題について、チャット上のお喋りで重要な示唆を受けたので、それを書き記しておきたい。

 話がいささか抽象的になるので、ここで各紙社説を比較検討することによって具体的に明らかにしていこうと思う。

 そもそも、私は人間的好き嫌いというレベルでウヨク的人々は大嫌いである。まあ、マユツバものとして読んでいただければ結構なのであるが、この問題に対する彼らの主張はおおよそ以下の点に要約される。

1、そもそも番組自体が公平ではない
2、安倍氏らは「公平にやってくださいね」と言っただけで圧力はかけていない
3、NHKは自主的に番組の改変を行ったのであり、朝日の指摘は捏造

このうち1については、筆者の1月13日のブログ「安倍晋三の発言にかいま見える「公平を装った無知」(By foresight1974)に詳しいので反論を省略する。

 今日は、このうちの2と3の部分について以下、論じていくことにするが、産経新聞は安倍氏と心中するらしく、1の部分の指摘しかないので今回は取り上げない。また、日経社説は他紙と主張が重なっているので省略する。

More
[PR]
by foresight1974 | 2005-02-11 19:53 | 表現の自由への長い道距

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974