カテゴリ:ブロガーたちの人生( 13 )

このブログについて

このブログタイトル”Thinking quietly about people's rights” は、foresight1974(以下フォーさん)の「人権と平和を問い直す会」から由来して、dadaist dancer01jpがetranger3_01氏(以下エト)のご協力のもとに改名したものです。
このブログのリニューアルにおいて、フォーさんが好きに変えていいといわれたので、思い切って、やわらかい感じにしたいと思いました。
コンセプトは、ごく身近なニュースや疑問から、様々な問題を見出し、人々の権利(人権)を深く考えていきたい。
それには、日本人らしさを忘れない態度、奥ゆかしさ、謙虚さを保ちながらも、おかしいということはしっかりと述べ、追求する。
(dadaist dancer01jp)
[PR]
by foresight1974 | 2016-12-31 23:59 | ブロガーたちの人生
突然ですが、以下の2つのコミュニティを開設しました。

「戦 争 反 対」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2452654

「癒しのナショナリズム」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2452685

気が向いたらご参加ください。
よろしくお願いしまーす。
[PR]
by foresight1974 | 2007-07-28 22:12 | ブロガーたちの人生
 ツナミン氏が、「憲法問題を考えるブログ」でネットに復帰された。
 個人的な事情で、前のブログを突然閉鎖されたので心配していたが、やはり、世間の気に入らないことには、口を挟まずにはいられないご気性のようである。
 氏の復帰は、憲法について同じ問題意識を共有する者として、こんなに心強いことはない。

 さて、実は私自身も2月後半~3月いっぱいまでは非常に忙しく、正直ブログどころではなかった。本当ならば、5分でも時間を使ってちょくちょく近況をご報告したかったのではあるが、このブログの性質を考えるとそうもいかない。

 性質?
 つまり、社会問題を考えるブロガーたちがぶち当たる、表題の3点のことだ。

More
[PR]
by foresight1974 | 2007-04-01 14:18 | ブロガーたちの人生
b0037054_8174152.jpg 今年もクリスマスがやってきた。
 政治系のネットでのみ付き合っている友人たちは、どうもクリスマスが嫌いな人間が多いらしい。子供のときにロクなクリスマス・プレゼントがもらえなかったのかどうか分からないが、ある者は企業の陰謀だといい、ある者は自分はキリスト教徒ではないという。

 申し訳ないが、つまらない人たちだと思う。
 どーだっていいじゃないか。そんなこと。

 私は、他の多くの日本の一般大衆と同じく、過去数十年にわたって、鉄の意志でクリスマスを楽しんできた人間の一人である。 
 大きくなって、プレゼントの楽しみではなく、「大切な人と一緒に過ごす」ことが関心の中心となる年頃になっても、クリスマスが心をウキウキとさせるイベントであることには変わりはなかった。
 彼女がいたクリスマス、彼女のいないクリスマスまちまちであったが、必ずクリスマス・イブは外に出かけて楽しんできた。

 日本では、かつてはクリスマスだからゴージャスに。。。というのが流行りだったような時期もあったが、最近はずいぶんと楽しみが多様化してきたように思う。
 私としては、暖かい喫茶店でのんびりコーヒーを飲みながら、読書しつつ、時おり外のイルミネーションを眺めるという過ごし方も好きだし、高級レストランでクリスマス・スペシャル・ディナーもどちらも好きだ。
 今年は、汐留のホテルで過ごしてからフレンチ・レストランを訪れる予定にしている。

 ちなみに、私達夫婦のプレゼントについて。
 昔はお互いにブランドの服を買って交換していたが、今年は何と万年筆。妻いわく「やはり万年筆は使えたほうがいい」というわけで、神保町にある職人の店でプレゼントした。私にいたっては、今年は図書カードだった。
 お互いに気取っていたわけではない。ただ、長く付き合っているとやはりネタがなくなるだけである。
[PR]
by foresight1974 | 2006-12-24 08:00 | ブロガーたちの人生
だから言わんこっちゃないのである。
こうなると思っていたよ。。。

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-12-02 13:43 | ブロガーたちの人生

mixi参加半年間の感想

 しばらくブログを書いていなかったので、リハビリということで。

 感想は正直、「う~ん」というところだ。
 保守思想に関しては期待のキの字もしていなかったが、リベラルに関してもなかなか収穫が見つからない。模索は未だ続いている。
 自分でコミュニティを立ち上げようかと思ったこともあった。だが、無精者の管理の行く末を案じて、踏み出していない。

 ヒマつぶしにお子様ウヨクをけなしても、あまり意味のあることではない。普段のしがない生活のストレス解消以上の意味はない。

 いろいろ考えてはいる。が、結局のところ、mixiは自分の手に余る。
 自分の勉強や研究生活、社会貢献活動、職場で働くこと。それらの全てがmixiなんかよりずっと大事で、mixiが人生のプライオリティとして高まるわけがない。

 政治系のコミュニティに入り浸っているお子様ウヨクを見ながら思う。人生終わっているな、て。そして、何度生まれ変わったとしてもああはなりたくないと思う。
 保守でもリベラルでもお子様ウヨクでも何でもそうなのだが、mixiのコミュニティで議論をしたところで、結局のところ「共感」を生み出すだけなのだ。行動はおろか、世間の荒波の中で結果すら残すことはない。

 せっかくのSNSなんだから、世間としっかりつながるような動きを生み出したかったが、、、入り方を間違えたかな。苦笑
[PR]
by foresight1974 | 2006-08-12 23:50 | ブロガーたちの人生
 日本最大級のSNSのmixiに参加して1週間になる。
 存在は知っていたが、実のところあまり関心もなく、気乗りもしていなかた。しかし、Yahoo Chatで知り合った同志「wakadannna」氏の執拗な誘いに、「しぶしぶと」参加した次第です。
 ええ、こんな私にも「同志のつきあい」というものがあります。

 1週間やってみて、正直かなりがっかりしている。

More
[PR]
by foresight1974 | 2006-02-25 20:27 | ブロガーたちの人生
 最近ずっとチャットにマンネリ化していて、自分でやっていてすごく惰性的なものを感じていたところでしたが、新たなSN(ソーシャル・ネットワーク)に誘われたので移籍することにしました。

 移籍先は非公開とさせていただきます。また、全く異なるIDで利用しているので、私にとても近い人でない限り、探してもおそらく見つからないでしょう。

 移籍先では、今までの政治・法律論とは全く違うこと(かなりプライベートなことも含む)も書いてますし、自分がやっている「本当の仕事」についても書いていますので、補足されたくないのです。なにとぞご容赦ください。

 ここのブログはずっと続けて書いていこうと思っています。

 正直、YAHOOチャットではかなりの「はったり」をかましていたことは事実です。それはかなり親しい人にも同様に対応してきました。
 世の中狭いものだと思っていたので、適当に嘘をまぜておかないといずれ「個人としてのforesight1974」を補足されることを恐れていたからです。

 YAHOOチャットを利用して5年くらいになるかと思います。その間いろんな出会いがあり、貴重な勉強の場でもありました。今でも話せば勉強になる人はいます。しかし、その数は確実に減ってきており、個人的なもどかしさをずっと感じていました。
 チャットとか2ちゃんねるとかいうネットの表現技術に個人的には、頭打ち感を抱いていました。
 今のSNもいずれそうなっていくでしょう。そのときはまた新しい表現技術に移っていくでしょうし、そのときにはまた私のHNも変わっているかもしれません。
 
[PR]
by foresight1974 | 2005-11-04 05:01 | ブロガーたちの人生
 実は毎年買い換えているわけではない。
 僕は個人的に六法を二種類持っている。一冊は条文のみが掲載されているコンパクトなもの。もう一つはもう少し分厚いが、判例がついているものだ。前者は2年に1度くらい。後者は5年に1度くらい買い換えている。基本6法が改正にかからなければ買い換える必要はないので、頻度はこんなものだ。
 去年から今年にかけて、民法が口語化されたり、商法から独立して会社法が制定されたりしたので、それに合わせて2年ぶりに六法を買い換えた。

 

More
[PR]
by foresight1974 | 2005-10-23 22:04 | ブロガーたちの人生

井上治典先生を悼む

 昼休みに会社からヤフーニュースにつないでこのニュースを知り、大変驚いた。

 井上教授の著作を筆者は全て目を通したわけではない。が、民事訴訟法の答練を整理するときに必ず井上教授の説は解説の中で触れられる。そういう方だったので印象深い。

 ご子息のことで悩まれているという話は全く耳にしたことはないが、報道ステーションで見た限り、親子の不和は近所では有名だったようだ。
 
 自分の妻に「これって誰が悪いと思う?」と聞かれて、返す言葉に困った。自分も父親と反目していた時期が長かったからだ。しかし、殺人犯となった38歳無職の長男の人生はもっと苛烈だったのかもしれない。

 司法改革のさなかに、日本の法曹界は大きな損失を被った。
 ご冥福をお祈り申し上げる。
[PR]
by foresight1974 | 2005-10-05 22:38 | ブロガーたちの人生

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974