イビチャ・オシムのように

 今、サッカーファンの間で静かにブームになっている本がある。
 木村元彦著「オシムの言葉」(集英社インターナショナル)である。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31629071

 現在、Jリーグ・JEF千葉監督を勤めるイビチャ・オシムはかつて、ユーゴスラビア代表監督だった。内戦で分裂する前の、最後の代表監督である。
 祖国が崩壊し、混乱する過程で指揮を取り続けた日々。そして、その後2年以上、妻子をサラエボの戦火の中に残したままヨーロッパのクラブチーム監督として指揮を執り続けた日々。。。戦争とオシムの人生をリンクさせることは必ずしも著者の本意ではあるまい。
 だが、それが大きな影を落としていることは間違いがない。

 多民族国家・ユーゴスラビアの元代表監督として、言葉の重みと危険性を熟知した名将の姿勢は日本に来ても揺らぐことはない。間違いなく、日本サッカーの「Statesman」である。
 そして思う。彼のような「言葉の重み」をきちんと持てる政治家が日本にいないということを。
 安部晋三、中川昭一、麻生太郎、、、「ポスト小泉」と言われ、また残念なことにこのような小人物たちが日本の将来を担う。憲法の理念に対する無理解、他者に対する配慮の欠如、無責任な蛮勇、、、彼らが国家の未来を語るとき、正直「とてもついていけない」という気持ちにさせられる。

 日本の景気は確かに良くなった。だが、本質的な変化にはまだ程遠い。
 結局のところ、それでも前に進んでいくほかはない。
 オシムがいつも言うとおり「それでも人生は続く」のだから。
[PR]
by foresight1974 | 2005-12-30 23:39 | サイレント政治・社会評論

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974