父親の自覚はどうやって育てる?Being a father (dadaist dacner01jp)

ドイツ男性の間で父権喪失への危機感
同国の民間調査機関の推計によると、新生児の1割(約7万人)が戸籍上の父親以外の子だというが、女性の法相がこのほど、同鑑定を法律で禁止する意向を表明した。

疑り深い男性は 100パーセントの確率が出ないものなのに、この鑑定結果を扶養義務を放棄する理由にしているという。
妻の立場からしたら、勝手に鑑定されるのは、信頼関係にひびが入るだろうと思われる。
浮気もあるかもしれないが、日本以外の国では簡単に堕胎できない。




そのため、他の男性の子供を育ててしまうこともあるのだろうが、宗教文化との絡みで成り立っている社会制度には、なかなか逆らえない。

日本の優生保護法も安易に堕胎できる可能性はあるが、まずは、母体が傷つくことを認識すべきだ。

しかし、本当に好きな人の子供を産みたいという女性の願いは、真実だろうし、男性だって、同様かもしれない。
好きな女性との間の子供に愛情を注ぎたいという父性は育てるべき問題なのか?
出産の恐怖と痛みが男性はないから、父性は一日にして育たないのか?

性教育の教育の問題とも捉えなおしながら、探求していくべき問題だろう。
[PR]
by foresight1974 | 2005-01-14 19:01 | サイレント政治・社会評論

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974