「高遠菜穂子」という名前を忘れかけている国の教訓

 【バグダッド=岩田智雄】イラクの首都バグダッドで、米軍の掃討作戦や武装勢力のテロ攻撃の陰でイラク人社会からも国際社会からも見捨てられ、すさんだ暮らしに身を沈めている青少年たちがいる。彼らはサダム・フセイン政権の弾圧や度重なる戦争で家族を失い、廃虚となっている雑居ビルの地下室に集まってきた。そんな“ストリート・チルドレン”に、北海道千歳市出身の日本人女性、高遠菜穂子さん(三三)が単身、救いの手を差し伸べている。
(産経新聞/2004年1月6日/北海道千歳市出身・高遠菜穂子さん(33)・バグダッドで少年たちを単身救済・「医者でもない私ができることを」より)




 高遠菜穂子という女性の名前を何人の方が覚えているだろうか?
 イラクで子供たちの人道支援に活躍し、その後のいわゆる「イラク人質事件」で人生が暗転、帰国後に猛烈な社会的バッシングにさらされた女性だ。
 その様子は「バッシング」という題名で映画化されることになる。
 あるジャーナリストはその後、フランスの友人から「こんな映画はフランスで受けない」といわれたそうである。理由は「彼女や家族の主張は人間として当然の主張。フランスではバッシングされる理由が理解されない。」ということだった。
 
 ところで、上記の記事の出典を読んで驚いた方もいらっしゃるのではないか。
 これは、産経新聞に実際に掲載された高遠さんの活躍を紹介した記事である。
 だが、この新聞は後日、掌を返して彼女の活動をこう揶揄してみせたのである。

 ▼誤解を恐れずにいえば、“いわぬこっちゃない”とは、本来、人質になった三人 の日本人に対していわねばならぬ言葉だ。イラクでは日本人外交官も殺害されて治安悪化は深まっていた。外務省は再三、最高危険度の「退避勧告」を行ってきたのである。
 ▼三人のうち一人は週刊誌に写真や記事を売り込むフリーのジャーナリスト、もう一人もフリーライターの若者。女性だけはイラクの子供たちへのボランティア活動に従事していた。同情の余地はあるが、それでも無謀かつ軽率な行動といわざるをえない。
 (産経新聞/産経抄/2004年4月16日)


 数多くの新聞報道に接して、これほど恥知らずな言論にもなかなかお目にかかれないものである。

 彼女や彼女の家族の言動に際してあれだけ騒がれ、ネットで誹謗中傷の嵐が吹き荒れたにも関わらず、その後の彼女の人生を多くの人は知らないのではないだろうか?
 お恥ずかしいながら、私もその一人であった。

 今日放送されたNHK「クローズアップ現代」にて、その後の彼女の活動が紹介されている。
 一時は自殺まで考えたが、その後多くの方々の心の支えもあって、今また、再びイラクの土を踏んで活動を続けていらっしゃるとのことである。元気な様子に、ホッとしたのと同時に、自分が彼女の名前を日々の生活に流されて忘れかけていることに、痛恨の思いがこみ上げてきた。

 残念なことに今でも日本の外務省は退避勧告を取り下げてはいないが、このようなことは全く望んではいないが、再びイラク人質事件に彼女が巻き込まれたとき、果たして世論は6年前の教訓を思い出せるだろうか?

 前のエントリーで取り上げた朝鮮高級学校への授業料助成問題を考えてみるに、残念ながら全く楽観できないのである。

(文中敬称略)
[PR]
by foresight1974 | 2010-03-04 00:12 | サイレント政治・社会評論

Let's think about day-to-day topics.


by foresight1974